■ 日本でよく聞かれること 暴動の話をよく聞かれますが、それはほんの一部の都市の一部の人です(特に今はありません) 中国で稼いだお金は、日本に持って帰れないと言われますが、それは昔の話です ※一定の条件がありますが、難しいことはありません 今は、合併会社ではなく、日本資本(外国資本)だけで会社を作ることができます ※一部できない業種はあります よく、俺の居てた3年前の中国は。という話をよく聞きます 日本人から中国の話を聞くときは、どの都市の何年前の話かに注意してください 都市により1年前の情報や経験は古くなっていて使えません 3年前であれば相当違っている可能性があります 北京はOKでも、大連はNG。大連はOKでも、北京はNG。これは当たり前にあります 例えば、大連で何かをするために、北京の知人に相談した。全く意味は無いとは言いませんが注意が必要です 知り合いの中国人には注意してください。だまされる中小企業の社長が多いです 知り合いがたくさんいるから、何でも出来ると言われます もちろんできる人もいますが、それはほんの少数です ほとんどは、最後にギブアップします 中国の企業の大きさは、日本の企業と同じサイズと思わないこと 中国で100人の企業であれば、日本の10人の企業と同じくらいと思って商談してください 何でもできるという企業はあまり信用しないでください 本当にできる企業は、できることと、できないことを正直に説明してくれます 日本人特有の、わびさびや、あうんの呼吸でビジネスはできません それは、常識だから言っても失礼だからとか、言わなくてもわかっているだろうからは、通用しません すべてを書類に残してください 輸入の場合、商材にもよりますが、前払い100%は無謀です 契約時1/3商品確認時1/3商品出荷時1/3これぐらいが目安です 輸出の場合、契約時50%商品発送時40%検収後10%ぐらいが妥協ラインです (契約時、商品発送時で100%になるようにしてください。検収後10%はもらえないつもりで) 値段交渉は、最終価格からあと2回ぐらいあると思ってください 大きい話は契約するまで信用しないでください 中国で会社を作って成功している会社は、日本のトップクラスの人材を送り込んできています 撤退していく会社は、日本で仕事ができず左遷されたスタッフで運営されているのが多いです 上記以外にも多数あります。詳しくはお問い合わせください 最後に中国には絶対はありません

詳しくは、お問い合わせください

ワンポイントアドバイス 中国に 絶 対 はありません

詳しくは、お問い合わせください

中国事業部

株式会社 パラドックス ゲイト ジャパン

TEL:0120-428-222  FAX:0120-428-223

Copyight (C) PARADOX GATE JAPAN inc. 2016 All right Reserved.